「ガブリ」たまらなくジューシー! 海辺の遊びBBQレポート


7/30(水)のOmotteプランは、「海辺の遊び」BBQパーティーをしました!

DSC_0932

暑さはじける夏の一日。
海辺に立ってその場を全身で感じ、丸ごとの海の幸と畑の幸、まさに今が旬の鮮度抜群の食材をダイナミックにバーベキューして食べる夏満喫プランとなりました。

砂浜で走り回ったり波とザブザブ遊びをしたり、波打ち際で見つけたビーチグラスや流木、貝がらなどなど漂流物は、いったいどこからここまでやってきたのかな?さっきは見えなかったけど見つけ出すと、あ!ここにも、ここにも!どんどん見えてくる小さな発見に驚いてみたり。

私たちの住んでいる近くの川から流されてきたものもあれば、太平洋をぐるっとめぐる海流に乗って長い間をかけて流れてきたり、海には流れがある事を改めて感じます。
浜辺で見つかるクルミの種はリスが川に落としたものが浜辺に辿り着いたものなのかもしれませんね!

あー!お腹がすいた!たくさん遊んだらお腹がペコペコです。 

今回は、築地の達人が選んだ鮮度抜群のそのままの姿の海鮮を、日本バーベキュー協会公認 湘南バーベキュー協会の皆さんがその場でメニューを考えて腕をふるってくれました!

DSC_0722

パカッ

DSC_0840

カチカチの塩の山の中には何が・・?鯛が丸ごと!

DSC_0753

サザエのトゲトゲのひみつ。

DSC_0752

カンパチのアクアパッツァ。

集まった人の出身地から同じサザエでも形や雰囲気が違う話からそこはどんな海なのかなと、思いを馳せました。

お寿司やお刺身でよく食べている、カンパチとブリとハマチ。違いについてお話したり。

ハマチ(イナダ)→(ワラサ)→ブリで、カンパチはショッコから出世するそうです。

漢字で書くと間八。魚を上から見ると頭から口にかけての間が漢字の「八」のような模様が見えるのが由来だそうですよ。 

蓋付きのバーベキューグリルをオーブンにした鯛の塩がまはとってもジューシーでふっかふかでした。養殖と天然の鯛は、その持ち味によって、どのよう なお料理にするか使い分けられているそうですよ。鯛のウロコはとっても大きく、どのようについているのかついじっくり観察してしまいました。 

こちらもかぶりつきます夏の風物詩、トウモロコシ! 

美味しくバーベキューするコツは・・・まるごと!

DSC_0880

皮をむかずにそのままロースト!

中はふっくら!

中がスチーム状態になってジューシーにふっくら焼けるそうですよ!

DSC_0898

もう待てない!

香ばしさと、つやつやであま~い香り

「ワッ、たまらない!もうひとつ」が、止まりません

DSC_08571

海を眺めながら、波の音を聴きました。 Happy Sunny day!