[Featured / 特集] Trees, Water, and People. Kawakami, Nara prefecture #1/ 木と水と人と。奈良県川上村ー[Vol.1]


[Vol.1] Kawakami, Nara prefecture: a river-head village  / 水源地の村、奈良県川上村。

吉野杉の端材で作られた箸

Chopsticks made with Yoshino-cedar / 吉野杉の端材で作られた箸

It was just a few days ago when a message written on a package of chopsticks placed on table at my friends’ wedding caught my heart to realize a new precious fact.

“Festive & every-day chopsticks made with Yoshino-cedar are all made  from listings that were cut off in the process of making houses and various wooden tools. ”

Chopsticks, its history in Japan originating in Yayoi-period (300 BC – AD 300), are still a popular and formal eating utensil used in every-day life and ceremonial events such as New Years Ceremony, various parties, and traditional Japanese tea ceremonies. It was an “eco” idea used and passed on for a long, long time.

Trees have always been a part of history of human beings.
Inspired by the relationship between trees and humans, I decided to visit the village of Kawakami where its Mother Mountain Yoshino was still ablaze with autumn colors.

 

先日、吉野杉の祝箸や割り箸が
日本の林業のサスティナブルプロダクトとして息づいていることを
知人のお祝いの席に添えられた、こんなメッセージで知りました。

吉野杉の祝い箸や割り箸はすべて、
家やくらしの道具をつくる際にでる
端材を活かして作られている

お正月や結婚式、宴席、お茶席。
人々の交流するところ、くらしに関わるところで使われ
ふるくから脈々と受け継がれてきたエコアイデアでした。

人が暮らしはじめた時からかかせない木。
木と人との関わりに興味を持った私は、
知人のふるさと奈良の川上村に行ってみたくなり
吉野山が少し紅葉を残した師走に訪ねてきました。

_DSC0048

Seasonal changes of colors including Sakura and autumn leaves have always moved our hearts from ancient times. 桜も紅葉も、吉野の山の四季折々の彩りは、はるかな昔から人々の心を動かしてきました。

Village of the Source / 水源地の村、奈良県川上村。

In the old times, visitors were asked to go through a rocky path to access the village of Kawakami. Now paved and maintained, its roads are beautifully full of colors of Mt. Yoshino.

The village of Kawakami welcomes us with its fresh and moist air and the powerful sound of rushing river.

The village is a also a important place to preserve the headstreams of Yoshino River.
“Protect the natural forest that reserves the rain, forms a river, and supports all living things.”
This is the belief that lies in the heart of villagers of Yoshino, who protects the forest and the source of Yoshino River as a precious place to learn and experience its beauty and importance.

The ancient forest is full of enormous deciduous broadleaf  trees. Trouts and even salamanders swim in the crystal-clear river. Pseudotsuga,  prehistoric survivor of the Ice Age, and horse chestnuts living for ages, must have been nurturing various lives over generations.

The mountains are not open to public but you can participate in eco tours organized by the Headstream Museum of Forest and Water.

Visit the lush forest of Yoshino! You might be able meet Totoro taking a nap!

Headstream Museum of Forest and Water

奈良県川上村へのアクセスは
昔は険しい山を通りぬける難所だったそう。
今では道路が整備され
吉野の山々の彩りを眺めながらのバス路も、気持ちよいアクセスです。

木のにおい、水の音。
サァーザァーという勢いのある川の水の流れが聞こえ出すと、
見えないけれど、とても小さなしぶきがそこかしこに舞っているような、
木と水に包まれた村に着きます。
清々しい木のにおいはその村の空気そのものとなっていました。

川上村は、吉野川の源流をまもる地でもありました。

「雨を蓄え、川をなし、あらゆる命を支えるこの貴重な天然林を守る。」
という思いから、
吉野川源流の水源地の原生林の森を
生態系の調査や、村内外の人に森の美しさ、森の大切さを実感しえる森林学習の場として、
次代に引き継げるよう村で守りつづけています。

そこは落葉広葉樹の大木が在り続ける太古の森。
苔むした岩や澄みきった源流にイワナがおよぎ、サンショウウオも棲むそうです。

氷河期を耐え抜いた生きた化石の針葉樹トガサワラ。
樹齢何百年の時を刻んだトチノキ 。
その花は実は、あまたの生き物を育んできたのでしょうね。

このあたりの地域では
縄文時代に人々が暮らし祭祀を行っていた遺跡や石器も発掘されており、
遥か昔から人々が木と水と共にいる悠久の時を実感できそうです。

一般の入山はできませんが、
森と水の源流館が主催する「水源地の森ツアー」や
自然観察企画ツアーに参加することができます。
トトロがお昼寝していそうな瑞々しいこの森に行ってみたい!

森と水の源流館